イーボル葉酸にも副作用がある?

イーボル葉酸副作用

 

妊娠を考えている人や妊娠中の人におすすめのイーボル葉酸ですが、摂り方によっては副作用が出ることがあります。

 

野菜や果物などの食品から摂る葉酸は、調理の際に大半が失われてしまいますし、体への吸収率があまりよくありません。

 

かなりの量を食べても、過剰摂取になるほどの葉酸は体に吸収されないのです。

 

ですがイーボル葉酸は体に吸収されやすいモノグルタミン酸型葉酸を配合しているサプリメントです。

 

モノグルタミン酸型葉酸のサプリメントでも用法・用量を正しく守っていれば何も問題はありません。

 

ですが目分量で勝手に飲んでしまうと、過剰摂取による副作用の恐れが出てくるのです。

 

 

イーボル葉酸の推奨摂取量

イーボル葉酸の一日の推奨摂取量は400マイクログラムです。

 

これは厚生労働省が推奨する、妊娠を考えている人が摂取しておくべき葉酸の摂取量と同量となっています。

 

推奨なので400マイクログラム以上摂取してもただちに副作用が現れるわけではありませんが、上限は一日当たり900~1000マイクログラムまでとされていますので覚えておきましょう。

 

これは妊娠時・非妊娠時に共通した数値です。

 

食事から摂りいれる葉酸の量は毎日変動しますので、日によって多少のプラスマイナスはあるのが普通です。

 

平均して一日につき400マイクログラム程度を保っていれば、多少のブレは気にすることはないのです。

 

 

 

イーボル葉酸を過剰摂取するとどうなる?

イーボル葉酸副作用

 

では、イーボル葉酸を過剰に飲んでしまうとどうなるのでしょうか?

 

推奨されている一日6粒という量を大幅に上回って飲むということは通常ありませんし、もし誤って過剰摂取してしまっても、一度くらいでは大したことにはなりません。

 

仮に何日も100マイクログラム以上のイーボル葉酸を摂取し続けたとすると、じんましんや紅斑などの皮膚障害、発熱、むくみ、呼吸障害などの症状が表れることがあります。

 

まれに葉酸の過剰摂取により貧血になってしまうことがありますが、これは尋常ではない量の葉酸を摂った場合に限られますので、あまり現実的な話ではありません。

 

 

また妊娠中の女性が葉酸を過剰に摂取してしまった場合、赤ちゃんに先天性喘息の症状が出る可能性があります。

 

通常の喘息は後天的なもので、ハウスダストや食物などのアレルギーから起こることが多いのですが、葉酸の過剰摂取による先天性の喘息は、生まれてすぐのころから症状が出ます。

 

気温や湿度などの環境要因や、風邪などの病気によって喘息症状が出やすくなってしまうのです。

 

葉酸は不足すると赤ちゃんに影響がありますが、多く摂りすぎても影響があるということを知らない妊婦さんが多いのは気を付けるべき点です。

 

妊娠中の女性は、一日あたり480マイクログラムを超えて葉酸を摂取しないように心がけておきましょう。

 

イーボル葉酸の副作用まとめ

イーボル葉酸は、一日に6粒で400マイクログラムの葉酸が摂れるようになっています。

 

それにプラスして食事で野菜や果物をとるくらいであれば、さほど気にすることはありません。

 

ですが葉酸は、多く摂れば摂るほど効果があるなどということはないと知っておきましょう。

 

もしうっかりイーボル葉酸を飲み忘れてしまった日があっても、翌日に倍量飲むなどということはやめておくこと。

 

仮に倍量飲んでしまっても、イーボル葉酸の場合は800マイクログラムですから、一日の上限である900~1000マイクログラムを下回る数値にはなっています。

 

ですが気を付けておくに越したことはありません。

 

そうならないためにも、ピルケースなどを利用して、今日の分を飲んだかどうかをしっかり把握できるようにしておきましょう。