不妊治療にイーボル葉酸が効果あり?

イーボル葉酸不妊治療

 

イーボル葉酸は、不妊治療をサポートしてくれる力があるということで注目を集めています。

 

近頃では不妊治療専門クリニックでも、イーボル葉酸などの葉酸サプリを推奨するところが増えています。

 

こちらでは、イーボル葉酸を不妊治療にどう活用していけばいいかをご紹介していきます。

イーボル葉酸で妊娠しやすい体づくりを

イーボル葉酸には、体を妊娠しやすいように整える効果が期待できます。

 

健康な生命は健康な母体に宿ります。

 

イーボル葉酸は直接妊娠率を左右するというわけではありませんが、妊娠しやすい体づくりをサポートしてくれる力を持っています。

 

葉酸には細胞分裂の際や、血液の成分を生成したりする際に重要な働きをします。

 

妊娠しやすい体かどうかは、子宮や卵巣の状態に大きく左右されます。

 

子宮や卵巣の機能を正常に近付けるためにも、イーボル葉酸は力を貸してくれるのです。

 

 

イーボル葉酸が着床を手助けしてくれる?

妊娠するためには、卵子と精子が出会い受精することがまず必要ですが、その次の段階として子宮に無事着床しなくてはなりません。

 

不妊に悩む人たちのなかには、この着床の部分でつまずいている人が相当数いると考えられています。

 

受精卵が細胞分裂を繰り返しながら子宮に到達し、子宮内膜に潜り込むことを着床といいますが、イーボル葉酸には子宮内膜を強化する働きがあります。

 

また子宮内の血液の状態をよくしてくれる働きがありますので、着床率のアップが期待できるのです。

 

 

体外受精や顕微授精にも効果が期待できる

タイミング法や人工授精などの治療を行ってもはかばかしい成果が出ない場合は、体外受精や顕微授精というステップに進むことになります。

 

その際にも、イーボル葉酸を摂取しておくことで成功率アップにつながります。

 

体外受精や顕微授精の前には卵子の採取を行いますが、葉酸を摂取しておくと卵子の質が上がることが分かってきました。

 

また正常な赤血球の生成をサポートする役割がある葉酸は、子宮内の血液の状態を良好にする効果があります。

 

受精卵を子宮に移植した際、よい状態の子宮内膜がそこにあると着床する確率がぐんと上がります。

 

アメリカのマサチューセッツ病院では、体外受精や顕微授精の前に葉酸を摂取したグループとしなかったグループでは、妊娠率が24%も違っていたという結果が出ました。

 

また妊娠が継続する確率が、26%向上しているということも分かりました。

 

高額な費用と体に負担のかかる体外受精や顕微授精。

 

なるべく少ない回数で妊娠に至れるよう、高度な不妊治療をする際には、あらかじめ葉酸を摂取しておく意味は大きいといえるでしょう。

 

イーボル葉酸は妊活男性にも効果がある?

イーボル葉酸不妊治療

 

イーボル葉酸は不妊に悩む女性にとっていくつものよい効果が期待できますが、実は妊活している男性にもおすすめです。

 

その理由は、イーボル葉酸を飲むことにより精子の質を高め、染色体異常を軽減してくれる効果が期待できるからです。

 

アメリカのカリフォルニア大学バークレイ校の研究によると、毎日葉酸を摂取している男性の精子は、そうでない男性の精子と比べて染色体異常が20%ほど低いことが明らかになっています。

 

葉酸を毎日摂取しておくことで、精子の染色体異常で起こる流産や胎児の先天性疾患などを未然に防ぐ効果が期待できるのです。

 

不妊治療のパートナーとしてイーボル葉酸がおすすめ

赤ちゃんが欲しくて自分たちで頑張ってみたけれど、なかなか思うようにいかないという人は、病院やクリニックに通いながらイーボル葉酸を摂取してみることをおすすめします。

 

不妊治療はタイミング法や人工授精といった治療からスタートし、体外受精や顕微授精といった高度なものにステップアップすることになります。

 

いずれの段階でも、卵子と精子の状態がどうであるかということは、治療の成功を大きく左右します。

 

夫婦どちらに原因があるということがよく分かっていなくても、夫も妻もイーボル葉酸を飲みながら治療に当たることをおすすめします。

 

自分に原因があった場合はもちろんのこと、仮に相手に原因があったとしても、自身の状態を整えておくことが、相手の弱点をフォローすることにつながるからです。

 

経済的にも精神的にも大きな負担となる不妊治療。

 

少しでも早く卒業し元気な赤ちゃんを抱くために、できるだけ早くからイーボル葉酸を夫婦で飲んで体調を整えておきたいものですね。